会社案内

HOME企業情報社員メッセージ

社員メッセージ

営業部:松本忍(入社28年目:営業部長)

「これからもお客様に感動を与えられる仕事をしていきたいと思います。」

松本忍北原造園グループに入社して28年が経ちました。最初は現場の職人として働いていました。入社して2年経った頃、会長の“鶴の一声”で営業課に移動となりました。人と話す事が苦手で現場の職人として働いていたのに、よりによって営業課に配属ですから大変悩みました。それが今では会社では古株となり、若い人たちの指導をする立場になりました。現場では一から自分で作っていく魅力がありましたが、営業になりお客様の住まいの庭作りをお手伝いさせて頂いて、完成後に「ありがとう」と言葉をかけられた時の喜びが忘れられなくなりました。これからもお客様に感動を与えられる仕事をしていきたいと思います。
若い人には何でもチャレンジして欲しいと思います。自分に限界を作るのではなく、最後まであきらめなければ何とかなるものです。私がそうだったように、 “がむしゃら”に頑張ってほしいです。

設計部:玉城紫乃(入社18年目:積算主任)

「何歳になっても新しい事を始めて、少しでも前へ進んだ時には喜びを感じます。」

玉城紫乃30歳を過ぎてまったく違う職種から転職しました。事務の募集の面接で、会長は事務の経験のない私に、『経験がないなら、事務でなく設計でもいい』ということで採用していただいてもう18年目になります。
設計の事を何もわからないまま、入社翌日から図面の変更作業をしていました。周りは自分よりも年下、若い人の中で全くの素人の私は、シャーペンの持ち方、線の引き方(その頃はCADではなく手描きの図面)から教えてもらいながら、早く一人前にならなくては・・・とかなり焦る毎日でした。でも、自分の仕事で忙しい中で、根気強く私に教えてくれた周りの人の方がもっと大変だったと思います。ここでは、新しい人が入ってきたら早く一員になってもらう為に厳しく、やさしく教えてくれます。質問をしたら、いくら忙しくても手を止めて答えてくれます。そうして私が教えてもらった事を下に教えています。それから私は1年ちょっと設計担当として図面を描いた後、積算担当に変わり今に至っています。
時代は変わり、今設計は手描きではなくCADを使って図面を作成しています。最初の1年以外ほとんど積算の業務をしていた私は、3ヶ月ほど前に初めてCADを触りました。いつもそばにCADはあり、設計が作業をしているのを見ていましたが、パソコンが得意とは言えない私には本当に難しくて、またこの年齢になると覚えるのに時間がかかります。入社した時と同じように設計の年下の社員に一から教えてもらいながら勉強中です。何歳になっても新しい事を始めて、少しでも前へ進んだ時には喜びを感じます。そんな気持ちを周りは手助けをして、年上・下は関係なく教えてくれるから続けられるのだと思います。まだまだ『人生、日々勉強』です。

営業部:山本瑛生(入社4年目:現場担当)

「時々不安になったりする時もありますが、気持ちを切り替え自分の成長できる場であると思い日々仕事に取り組んでいます。」

山本瑛生大学卒業後、新卒として入社しました。一年半経理事務として勤めて今では産業廃棄物の収集運搬や外構工事管理として現場の方を回っています。
社長からは、「20代の内にしっかりと学ぶこと。」とアドバイスを受け、色々なことに挑戦させてもらい、時々不安になったりする時もありますが、気持ちを切り替え自分の成長できる場であると思い日々仕事に取り組んでいます。
社内では、「あいさつ」が徹底されていて、特に僕たち若者は業務の前に「笑顔」・「あいさつ」・「掃除」という人間の基本的な事から教わっています。
まだまだ未熟ではありますが、今自分自身の為に成長していくことが、後に会社の成長にも繋がっていくのだということを頭において、これからもポジティブに笑顔を忘れずに前進していきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ